今ならおトクな賃料大幅値引き・清掃費最大無料!
即日入居SALE実施中!

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城の
格安家具家電付きマンスリーマンション

2022/01/13

長期出張が決まった!
ホテル滞在とマンスリーマンションのメリットデメリットまとめ

長期出張が決まった!ホテル滞在とマンスリーマンションのメリットデメリットまとめ

長期出張が決まったときに、ホテルとマンスリーマンションのどちらに滞在するのが良いか悩む方は多いでしょう。
最近ではホテルは綺麗だけどなんだか落ち着かないという意見もよく聞かれます。
ホテルとマンスリーマンションにはそれぞれメリットとデメリットがあるため、双方の特徴をよく知った上でどちらを選ぶか検討することをおすすめします。

そこで今回は、ホテルとマンスリーマンション滞在のメリットや、
近年登場しているサブスク系賃貸など、長期出張の際に役立つさまざまな情報をご紹介します。

長期出張の際の選択肢とは

長期出張の際の選択肢とは

長期出張が決まったときに、出張先に滞在する際の選択肢は主に3つあります。
ここでは、ホテル滞在、マンスリーマンション滞在、サブスク系賃貸利用の3つの選択肢の特徴やメリット、デメリットについて解説します。

ビジネスホテル滞在

短期出張の場合にも一般的なホテル滞在は、長期出張でも選択肢のひとつとして挙げられます。
そこで、ホテル滞在に必要なものやメリットとデメリットを見ていきましょう。

ビジネスホテル滞在に必要なもの

ホテルに滞在するのであれば、洗顔料やシャンプーやリンスなどを用意しておく必要があります。
こだわりがなく、ホテルのアメニティで十分という場合は不要ですが、体質なども考慮して長期出張の場合はできるだけ日頃から利用しているものを準備しておくことをおすすめします。また、髭剃り用のシェーバーや爪切り、耳かきなどのエチケット用品も用意しておくと良いでしょう。

さらに、長期出張では滞在先で洗濯をしなければならないことから、洗濯用洗剤の用意も必須です。
ワイシャツやスーツなどはクリーニングを依頼する方法も選べますが、下着などはクリーニングを受け付けてもらえないケースも多いため、自分で選択できる環境を整えておくことが大切です。

他にも万が一のときのための常備薬や、すぐに食事を取りたいときのためのインスタント食品なども持ち込んでおくと安心です。
加湿器が備え付けられていないホテルであれば、小型の卓上加湿器などを持って行くと乾燥を防止できます。

ビジネスホテル滞在のメリット

ビジネスホテルに滞在するメリットは、「毎日部屋に掃除が入り、アメニティの交換もある」ことです。
外出中にホテルスタッフが部屋の掃除を行ってくれるため、毎日きれいな部屋で過ごすことができるのは大きなメリットといえます。

歯ブラシやトイレットペーパー、タオルなどの消耗品も都度補充されるため、生活用品を購入するための手間も省けます。
食事はホテルに併設のレストランを利用すれば、遠方へ外出したり自炊したりする必要もありません。

また、出張のスタイルによってはマンスリーマンション滞在に比べて費用が安くなる可能性もあります。
土日祝などの休日は自宅に帰って過ごすなどの場合は、ホテルに宿泊しない日の費用がかからないため、結果的にマンスリーマンションよりも安価な予算で済ませられる可能性が生じます。

ビジネスホテル滞在のデメリット

前述のメリットでホテルの宿泊費が安くなる可能性があるとお伝えしましたが、1ヶ月丸々出張先に滞在しなければならない場合には、マンスリーマンションよりも費用が高額になる可能性もあります。
予算重視であれば、1日あたりの宿泊費用を比較してどちらが安価になるかを検討する必要があるでしょう。

また、作業用スペースが限られるというデメリットもあります。
ホテルでパソコンを使ったり他の軽作業を行ったりしたいと考えているなら、部屋が手狭に感じられる可能性はあります。

他にも、キッチンがないため自炊ができない、浴槽が狭い、洗濯のたびにコインランドリーやホテルの有料サービスを使う必要があるため費用が発生するといったデメリットが考えられます。

マンスリーマンション滞在

続いて、マンスリーマンション滞在に必要なものとメリット・デメリットをご紹介します。

マンスリーマンション滞在に必要なもの

マンスリーマンションに滞在するなら、タオル類やシャンプーなどの衛生用品、トイレットペーパーやティッシュなどの日用品が必要不可欠です。

また、ヘアドライヤーのほか、洗濯物を干すための角ハンガー・洗濯ばさみなども用意しておくと便利です。
滞在中に出たごみを処理するためのゴミ箱やゴミ袋も自分で準備しておき、急な天候不順に備えて折り畳み傘も用意しておくと安心です。
これらの一部は場合によって備え付けられているマンスリーマンションもあるので、検討時に確認してみましょう。
トイレットペーパーやゴミ箱、ハンガー、スリッパなど大手のマンスリーマンションなら用意されている事があります。

マンスリーマンション滞在のメリット

マンスリーマンションは、ビジネスホテルに比べて広い空間で過ごすことができるのがメリットです。
限られた空間で長期間過ごすのが落ち着かないという人にとっては、自宅と同じような感覚で過ごせるマンスリーマンションがおすすめです。

物件によっては風呂・トイレ別だったり、リビングやベランダが用意されていたりするゆとりのある間取りのものもあるため、快適性を追求しやすいといえます。また、調理器具が用意されていれば自炊も可能です。

滞在費用は一般的にビジネスホテルよりも安価になるケースが多く、自炊や洗濯ができるため食費や洗濯にかかるサービス費用なども節約できます。

マンスリーマンション滞在のデメリット

マンスリーマンション滞在のデメリットとして、部屋の掃除や洗濯をはじめとした家事を自分で行わなければならない点が挙げられます。
出張先での仕事に集中したい場合は、ビジネスホテルを選んだほうが快適なケースもあるでしょう。

また、近隣の住民が騒がしいなどのトラブルに巻き込まれると、滞在にストレスを感じるリスクもあります。

サブスク系賃貸

近年では、サブスク系賃貸も長期出張によく利用されています。
サブスク系賃貸とはサブスクサービスの会員になって定額料金を支払うことで、提供されている宿泊施設を決められた規約の範囲内で自由に利用できるサービスのことです。

サブスク系賃貸滞在に必要なもの

サブスク系賃貸には、あらかじめ家具や家電、インターネットなどが備え付けられています。
場合によってはアメニティも用意されているケースもありますが、施設によって用意されているものは大きく異なるため、利用するサービスを個別に確認することが大切です。

利用料金の中に光熱費が含まれるタイプや、光熱費のみを別途支払うタイプなどさまざまです。

サブスク系賃貸滞在のメリット

サブスク系賃貸のメリットは、「自由に滞在先を変更できる」ことにあります。
例として東京23区内の1Kの物件なら、1日あたり5,000円、1ヶ月15万円程度で滞在できます(間取り等の条件によって変動)。30日間の最低契約日数を過ぎれば、退去費用は不要で他の物件に移住することも可能です。

サブスク系賃貸滞在のデメリット

サブスク系賃貸のデメリットは、「必ず希望の物件に入居できるとは限らない」ことや、「住み替えるたびに荷造りが必要になる」ことが挙げられます。

サブスク系賃貸は多くの人がサービスを契約しているため、希望の物件に空きがなければ出張先から遠い物件を選ばざるを得ないケースもあります。
ビジネスホテルなどに比べて選択肢が限られる可能性がある点には注意が必要です。

また、「ADDress」のように、ドミトリーなどのシェアハウスが中心のサービスも中にはあります。
仕事から帰ってきて見知らぬ人と共同生活をするのが苦痛だと感じる人は、個室タイプのサブスク系賃貸サービスを選ぶ必要があります。

長期出張におすすめのマンスリーマンションを探すなら

長期出張におすすめのマンスリーマンションを探すなら

長期出張の滞在先にはビジネスホテルやマンスリーマンション、サブスク系賃貸などがありますが、広々とした個室で快適に長期滞在をするのであれば、マンスリーマンションを利用するのがおすすめです。

ユニオンマンスリーなら物件数都内最大級、1,000箇所3,000室の豊富な選択肢、
さらに「敷金・礼金、仲介手数料、保証人不要」。
全室、家具家電付き(洗濯機、冷蔵庫、エアコン、レンジ、掃除機、電気ケトル、ベッド・寝具、クローゼット)
トイレットペーパーやハンガー、ゴミ箱も用意されており前述のように自身で揃える必要はありません。

リッチな滞在にしたい方には豊富なレンタルオプションで、バルミューダのトースター、L字デスクやオフィスチェア、空気清浄機等100種類以上の家電や、
オシャレで機能的な家具でテレワークや一人暮らしが快適になるようサポートします。
自炊や洗濯も自分のペースでできるため、自宅に近い感覚で滞在できるのが魅力といえます。
ぜひ自分に合った物件を見つけて、快適な長期出張を実現してみてください。

お申し込みは、電話やメールで対応しているので、来店は一切不要です!
時間がない方はコンシェルジュがお客様に最適なお部屋を提案しますのでまずはご相談ください。

▶ユニオンマンスリーのお部屋探しはこちら

清掃費28,600円が最大無料
即日入居SALE実施中!