今ならおトクな賃料大幅値引き・清掃費最大無料!
即日入居SALE実施中!

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城の
格安家具家電付きマンスリーマンション

最終更新日:2022/03/17

一時帰国による自主隔離先のホテルを探す方法とは

一時帰国による自主隔離先のホテルを探す方法とは

長期化する新型コロナウィルスの感染対策として、帰国者や一時帰国者等は、入国前の新型コロナウィルス検査後に、ホテル等で14日間の自主隔離を行わなければなりません。
そこで、当記事では自主隔離先のホテルを探す際の注意点や空港近辺のおすすめホテルをご紹介します。
また、ホテルに14日間滞在した場合の宿泊費用の相場や、ホテル以外に人気の高い自主隔離先に関する情報もご覧いただけますので、ぜひ参考にしてください。

自主隔離先のホテルを探す際の注意点

自主隔離先のホテルを探す際の注意点

海外帰国者は新型コロナウィルス検査の結果が陰性だった場合も、入国の翌日から指定された期間、ホテルや自宅等で自主隔離をしなければなりません。
そこで、ここでは以下4つの自主隔離先のホテルを探す際の注意点をご紹介します。

  1. 受け入れ可能か確認する
  2. 空港から近い距離かどうか確認する
  3. 食事が可能かどうか確認する
  4. 陽性の場合は予約をキャンセルする

自主隔離先としてホテルの利用を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

自主隔離先として受け入れ可能か確認する

日本にあるホテルの中には、現在、帰国者の受け入れをしていないホテルもあります。
そのため、帰国者が自主隔離先のホテルを探す際には、最初に帰国者の受け入れをしているかどうかを確認するべきです。

ホテルでの自主隔離を予定している方は、できるだけ早く自主隔離先のホテルを探し始めましょう。
なぜなら、料金や空港からの近さなど、自分の希望条件に合うホテルが見つかる可能性がアップするからです。

空港から近い距離かどうか確認する

自主隔離先のホテルを探す際には、空港から近い距離にあるかどうかもチェックしておきましょう。
空港から自主隔離先のホテルまでの移動には、電車やバス、タクシーなどの公共交通機関を利用できません。
ご家族の車等で移動する方以外は、レンタカーやハイヤー等を自分で手配して、ホテルまで移動します。
つまり、空港から自主隔離先のホテルまでの移動距離が長いほど、移動費用も高くなります。

帰国者は、自主隔離場所とともに、空港から自主隔離先への移動手段も検疫所に登録しなければなりません。
そのため自主隔離先までの移動手段についても、帰国前に検討しておきましょう。

食事が可能かどうか確認する

自主隔離先のホテルを探す際には、ホテル内で食事が可能かどうかも確認しておきましょう。
食事ができないホテルを選択すると、外出回数増加により人との接触機会がさらに増えるため、感染の可能性も高まります。
また、外食や買い物へ行く際の移動に公共交通機関を使えないため、移動の手間や費用の負担も増えるでしょう。

自主隔離中の食事が可能なホテルであっても、食事方法は各ホテルで異なります。例えば、人と一定の距離を取りながら共有スペースで食事を摂るホテル、個室でのみ食事可能なホテル等です。希望がある方は、食事方法についても事前に確認しておきましょう。

陽性の場合は予約をキャンセルする

空港での新型コロナウィルスの検査結果が陽性だった場合には、自主隔離先のホテルをキャンセルしなければなりません。
なぜなら、検査で陽性となった場合には、検疫所等が用意した療養施設等で、退院基準を満たすまで待機しなければならないからです。

自主隔離前に実施される、空港での新型コロナウィルス検査の流れについても軽くチェックしておきましょう。
まず到着空港にて検査を受け、結果判明後に入国手続きを行います。
一般的に検査結果は、空港到着から1時間から3時間後ほどに判明します。
しかし、再検査をする場合等は、結果が翌日となるケースもあることを覚えておきましょう。
また、変異株の流行国や流行地域への滞在者は、検疫所指定の宿泊施設等で指定された期間、待機してから検査を受けます。

検査結果が陰性だった方は、自主隔離先へ移動して入国の翌日から指定された期間、自主隔離先のホテル等で過ごしましょう。
自主隔離中も保健所等による健康確認の対象者なので、体調変化には十分気を配ってください。

空港近辺のおすすめホテル

空港近辺のおすすめホテル

自主隔離先として人気を集めているのが、空港近辺のホテルです。
空港近辺のホテルは、空港からの移動距離が短いため、移動費用も安いですし、感染リスクも抑えられます。
また、長距離フライト等で疲れた体への負担も少ないといえるでしょう。

厚生労働省などの要請により、帰国者の自主隔離先としての一棟貸し出しを実施する空港近辺のホテルなどもあります。
空港近辺のホテルの中でも、宿泊料金がシティホテルよりも安い場合が多く、
以下を始めとするビジネスホテルも帰国者の自主隔離先として高い人気を誇っています。

  • アパホテル
  • 東横イン

宿泊者の感染リスクを抑えるために、さまざまな工夫を施すビジネスホテルが増えています。
例として、公式アプリやチェックイン機による自動チェックインができるホテル、ルームカードキーをポストに投函するだけでチェックアウトができるホテルなどが挙げられます。
また、自主隔離中は外出を控える必要があるため、ホテル内で食事ができるホテルや、
連続宿泊の割引キャンペーンを実施しているホテルもあります。

空港から宿泊施設への移動

全ての地域からの帰国者に対し、空港からホテルなどの宿泊施設、また自宅までの移動手段として、不特定多数の人が利用する公共交通機関は利用しないよう厚生労働省から強く要請されています。
公共交通機関は、電車、バス、タクシー、国内線の飛行機、新幹線、旅客船はもちろん、
空港内を循環する連絡バスも対象となりますので、注意しましょう。

利用できる移動手段としては以下が挙げられます。

  • 自家用車
  • レンタカー
  • ハイヤー  など

地域、空港、宿泊施設によっては帰国者・入国者専用の送迎バスを用意しているところもあります。

送迎を手配する際は、空港でのPCR検査の結果が出るまでに2~3時間ほどかかるとされているため、その時間を考慮して予約しましょう。

入国時、ホテルで隔離した際の費用相場

入国時、ホテルで隔離した際の費用相場

自主隔離でホテルに宿泊した際には、どれぐらいの費用がかかるのでしょうか。
ホテルの料金は、地域によっても異なりますし、シーズンによっても変動するので注意が必要です。
また、一般的にビジネスホテルよりもシティホテルのほうが高いといえるでしょう。

地域やシーズンによっても異なりますが、
ビジネスホテル1泊の費用相場は、5,000円から10,000円程度です。
従って、自主隔離でビジネスホテルに宿泊した場合の費用相場は、1週間とした場合35,000円~70,000円程度となります。
しかし、各種キャンペーンや割引制度を利用すれば、よりお得な料金で利用できる可能性もあります。
さらに、上記はあくまで参考価格ですので、ご利用の際は直接ホテルに料金をご確認ください。

ホテル以外の自主隔離先

ホテル以外の自主隔離先

自主隔離先の宿泊施設として、ホテル以外を選択する方もいます。
ホテル以外の自主隔離先として人気を集めているのは、マンスリー(ウィークリー)マンションです。
では、次項にて、特徴を見ていきましょう。

マンスリー(ウィークリー)マンション

マンスリー(ウィークリー)マンションとは、自主隔離先としても活用可能な「日・週・月・年」単位で契約できる、家具家電付きの宿泊施設です。
選択できる契約期間や料金は、利用会社によって異なります。
しかし、賃貸物件と異なり、敷金や仲介手数料などの初期費用や水道光熱費が不要の会社も数多くあります。
希望条件に合う宿泊先を簡単に探せる、専用サイトも多数あります。

マンスリー(ウィークリー)マンションのメリットは、生活に最低限必要な生活必需品が揃っており、ホテルの長期滞在よりも安く利用できる点でしょう。
デメリットは、紹介画像とのギャップがあったり、契約期間内の退去に違約金が発生、
またセキュリティの低い施設があったりすることでしょう。

ご参考までに、マンスリー(ウィークリー)マンションと賃貸マンションの一般的な費用比較表もぜひご覧ください。

  マンスリー
マンション
賃貸
マンション
敷金(保証金) 不要 必要
礼金 不要 必要
仲介手数料 不要 必要
水道光熱費 不要 必要
家賃 高い 安い

自主隔離先にマンスリー(ウィークリー)マンションを選ぶなら

自主隔離先にマンスリー(ウィークリー)マンションを選ぶ場合は、
以下が必要かどうかを事前に確認しておきましょう。

  • 保証人
  • 敷金
  • 礼金
  • 契約手数料
  • 水道光熱費
  • 各種違約金

次の点についても事前確認することが重要です。

  • 日・週単位で契約できるか
  • 基本完備となる家具や家電の種類
  • 各種サービスやキャンペーン

会社ごとに違いますが、多くのマンスリー(ウィークリー)マンションは、
下記の家電や家具を基本完備しています。

  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • 電気ケトル
  • 寝具一式(ベッド含む)
  • エアコン
  • テレビ
  • クローゼット
  • 掃除機

オプション料金を払えば、自主隔離期間をより快適に過ごせる、シーツ類の交換や清掃の代行サービスを実施する会社もあります。
また、空気清浄機やキッチン家電、家具や生活用品など、レンタルサービスが充実している会社も多いです。
さらに、自主隔離利用者からは、地域の最低価格保証や長期割引など、お得なキャンペーンを実施する会社も人気を集めています。

自主隔離先にマンスリー(ウィークリー)マンションを選ぶなら

自主隔離先にマンスリー(ウィークリー)マンション選ぶなら、専門サイトで探す方法がおすすめです。
専門サイトであれば、予算や目的地など、希望条件に合う物件を簡単に見つけられます。
また、料金が安い物件を探して、自主隔離の宿泊費用をできるだけ抑えたい方にもぴったりです。

自主隔離先のマンスリー(ウィークリー)マンションを探す際に利用したい専門サイトの1つが、「ユニオンマンスリー」です。
ユニオンマンスリーは、1都3県に約3,000室の物件を有する物件数、都内最大級の専門サイトです。

公式サイトでは、最低価格保証がある点も大きな魅力で、最低1週間からの入居に対応しています。
駅近物件も多いので、ビジネスマンにもおすすめです。
ご家族が心配な方は自宅と会社の中間地点で生活することもできます。
コンビニ至近物件も多いことから食事の心配も少なく、360°のパノラマ画像で内見気分で部屋を確認していただけます。

ユニオンマンスリーの特徴は、相場に合わせた賃料はもちろん、
プラズマクラスター機能の空気清浄機やモバイルWi-Fi等、快適に生活できるレンタル家具や家電が豊富に揃っています。

女性にはマストのキッチン・浴室・洗濯機なども完備しており、口コミの高評価も多いため、初めての方も安心して利用できるでしょう。
また、便利な電話申込なら来店不要ですし、 電話やメールのみでお申し込みが可能なので手早く入居の準備ができます。
シーズンによりますが、価格も1日2,000円台の時があったり、長期滞在プランや清掃費無料等の各種キャンペーンを実施していたりと、ビジネスホテルよりも安く自主隔離できるかもしれません。

さらには、菌増殖抑制型除菌剤で室内清掃時の消毒対応を実施し、感染症対策を行っているため、安心して過ごすことができます。
帰国後の自主隔離先を探している方は、ぜひこちらから一度ユニオンマンスリー公式サイトの情報をご参照ください。

一時帰国をご検討中のお客様へ

清掃費28,600円が最大無料
即日入居SALE実施中!