今ならおトクな賃料大幅値引き・清掃費最大無料!
即日入居SALE実施中!

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城の
格安家具家電付きマンスリーマンション

2022/01/26

仮住まいとは?UR賃貸(UR都市機構)やマンスリーマンションなど選択肢を徹底解説!!
ホテル滞在とマンスリーマンションのメリットデメリットまとめ

仮住まいとは?UR賃貸(UR都市機構)やマンスリーマンションなど選択肢を徹底解説!

「仮住まい」は比較的短期間のみ、滞在する住居のことを指しています。

リフォームや自宅の売却などの理由で仮住まいが必要になったときには、賃貸やマンスリーマンションなど複数の選択肢があります。
当初の予定より意外と長くなりがちな仮住まいの暮らしをどこに決めるのが良いのか、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

仮住まいを選ぶ際は、自身の境遇やシチュエーションによって適切な滞在先が変わってきます。
そこで今回は仮住まいを賃貸で入居しようとお考えの方向けに、仮住まいが必要なシチュエーション別のおすすめ方法をご紹介します。

仮住まいとは

仮住まいとは、自宅をリフォームするなどの理由で、施工期間中に滞在するための拠点のことです。
リフォームの場合、大規模な施工であれば自宅に住まい続けることが難しく、施工完了まで仮住まいを見つけなければならないケースはよくあります。
期間も3ヶ月~6ヶ月程度など比較的長めになりやすいので、その間の滞在先は慎重に検討することが大切です。
工事や仕事の都合などで滞在延長することも念頭に入れておきましょう。

また、そのほかには自宅を売却したものの次に住む家がまだ決まっていない場合にも仮住まいを探して一時的に入居するケースが考えられます。

仮住まいが必要なシチュエーション別!おすすめ方法5パターン

仮住まいが必要なシチュエーション別!おすすめ方法5パターン

仮住まい先をどこにすると滞在しやすいのかは、シチュエーションによっても異なります。
ここでは、仮住まいが必要なシチュエーション別におすすめの滞在方法をご紹介します。

荷物が多い人やペットがいる人などは賃貸

仮住まいの中でも一般的な方法のひとつとして、賃貸住宅が挙げられます。
後述する他の選択肢に比べると選択肢が広く、さまざまな条件から多様な物件を探すことができるのが魅力です。

例えば「駅から近い物件が良い」という場合は、希望の駅周辺の物件を探せば徒歩数分程度の仮住まいを見つけられる可能性もあります。
UR賃貸(UR都市機構)、ホテルなどにも駅から近い滞在先はありますが、選択肢の広さなら賃貸が優位に立っているといえるでしょう。

また、「ペットを飼っている人」は、賃貸住宅の中から「ペット可物件」を探す必要があります。
基本的にUR賃貸(UR都市機構)はペット不可がほとんどのため、ペットを飼っている方の入居は認められない可能性が高いと考えておくと良いでしょう。
他にも、楽器を演奏したい人などは「楽器可」の賃貸住宅を探すことをおすすめします。

さらに、住み替えなどで元々戸建てに住んでおり、持ち出す荷物が多い人は現在お住まいの自宅と条件が近い賃貸住宅を探すのがおすすめです。
UR賃貸(UR都市機構)やマンスリーマンション、ホテルなどは戸建てに暮らしている人にとっては手狭に感じられる可能性が高く、必要な荷物を十分に運び込めない可能性が高くなります。

賃貸はこのようにさまざまな条件を叶えられる柔軟性の高さが魅力であり、自分の事情に合わせて自由に物件を選べるのがメリットといえます。
ただし、敷金や礼金などを支払う必要があることから費用が高額になりやすいことと、短期間の入居ができない可能性がある点には注意が必要です。

入居時期を調整できる人はUR賃貸(UR都市機構)

UR賃貸(UR都市機構)住宅は、従来旧公団住宅と呼ばれていた住宅のことです。
入居にあたって礼金や仲介手数料が不要な点がメリットであり、前述の賃貸住宅に比べると入居にかかる費用を抑えられます。

ただし、賃料の3ヶ月分を敷金として一時的に支払わなければならない点は事前に押さえておきましょう。
退去時に原状回復のための費用を差し引いて返還されますが、3ヶ月分と考えるとまとまった費用が必要になるため、あらかじめ心構えをしておくことをおすすめします。

UR賃貸(UR都市機構)住宅は、入居時期をある程度調整できる人に向いている仮住まいです。
UR賃貸(UR都市機構)は数がそれほど多くない上に、人気が高く先着順の入居になることから空きが出るとすぐに埋まってしまいます。
そのため、空きが出た段階ですぐに入居を判断できる人でなければ利用は難しいのが現状です。

間取りは一人暮らし用からファミリー用までさまざまなので、世帯の状況は問いません。
賃料は物件によって異なるため、高い・安いを一口に判断することはできませんが、一般の賃貸住宅とそれほどかけ離れているということはないようです。

UR賃貸(UR都市機構)には入居期間の縛りが設けられていないため、3ヶ月などの短期間であっても入居が可能です。

費用を抑えたい人にはマンスリーマンション

マンスリーマンションは、家具や家電などがあらかじめ備えられている、中長期滞在用の物件です。
マンスリーマンションは一般的に入居の際の敷金や礼金が不要であり、滞在費用を抑えやすいのがメリットです。

光熱費も賃料の中に含まれているケースが多いため、仮住まいで生活していく上で別途光熱費を支払う必要がないのも嬉しいポイントです。
インターネットの設備があらかじめ用意されていることも多いため、賃料以外の生活費を削減しやすいでしょう。

マンスリーマンションの料金形態はシンプルで、「賃料+清掃費用」のみとなっているのが一般的です(一部の物件は光熱費が別になっているものも有)。
賃貸住宅に入居する場合は賃料の他に敷金や礼金、光熱費も別途支払う必要があるため、入居費用が高額になりやすいといえますが、マンスリーマンションなら賃料を抑えやすくなります。

賃貸< マンスリー
マンション
賃料 100,000円 100,000円
敷金 100,000円 0円
礼金 100,000円 0円
光熱費 状況により変動 0円
清掃費 0円 状況により変動
合計 800,000円+光熱費 600,000円+清掃費

例えば6ヶ月間仮住まいに滞在しなければならないときに、賃貸住宅とマンスリーマンションの賃料が同じ10万円だったとします。
この場合、敷金・礼金で合計2ヶ月分を支払うとなると、賃貸住宅の費用は「10万円×6ヶ月(賃料)+20万円(敷金・礼金)+光熱費」となります。つまり80万円+6ヶ月分の光熱費がかかります。
他にも家具や家電を購入、又は自宅から移動させる費用や手間も加わります。

一方、マンスリーマンションの場合は「10万円×6ヶ月(賃料)+清掃費用(数万円程度)」となり、光熱費も含まれているため、60万円+清掃費用のみの支出に抑えられます。
家具や家電も備え付けられており、身軽に仮住まいが出来るのもメリット。
単身世帯でもファミリーでも、費用負担を小さくしたいのであればマンスリーマンションがおすすめです。

単身世帯や荷物が少ない人はホテル

単身世帯で身動きが取りやすい人や、持ち出す荷物が少ない人はホテルに滞在するのがおすすめです。
ファミリーの場合はホテルの広い部屋を借りると費用が高額になりやすい上に、ある程度広い部屋であっても手狭に感じられるケースが多く、ホテルでの仮住まいは向かない可能性が高いでしょう。

単身世帯であればあまり広くないホテルであっても比較的快適に過ごしやすく、状況によっては他のホテルに移住することも簡単にできるでしょう。
ただし、自炊や洗濯ができないため、食事を購入したりレストランを利用したりしなければならず、洗濯も有料サービスやコインランドリーを使わなければならない点は意識しておく必要があります。

また、昼間に自宅にいる機会が多い方にとっては、清掃時間に外出しなければならない点を不便に感じる可能性もあります。
事前に申し出ておくことで清掃時間に部屋に滞在することもできますが、アメニティの交換や部屋の清掃が行われないというデメリットも生じます。

さらに、1~3ヶ月程度の短期的な滞在であればホテルの選択肢は有効ですが、6ヶ月やそれ以上などの長期滞在の場合は、マンスリーマンションなどを選択したほうがコストを抑えられる可能性が高くなります。

短期の滞在なら倉庫+実家活用もあり

何らかの事情で1日~数日などのごく短期的な仮住まいが必要になった方は、倉庫を借りて必要な荷物を預けた上で、実家に滞在するという選択肢も考えられます。

倉庫を借りることで一時的に自宅から持ち出した荷物を格納しておくことが可能になるため、ホテルやウイークリーマンション、マンスリーマンションなどの個室がなかったとしても荷物の保管場所を確保できます。

実家のメリットは、身軽さと費用の安さにあります。
数日程度の仮住まいのために賃貸住宅やUR賃貸(UR都市機構)を利用することは基本的にできないため、短期的な滞在にはホテルやウイークリーマンション、マンスリーマンションなどを検討することになります。

この中でマンスリーマンションは30日単位などの最低契約日数が設けられているケースが多く、数日間の仮住まいにするには費用が高くなりすぎるというデメリットがあります。
ウイークリーマンションも7日間などの契約日数が設けられているケースが一般的で、数日程度の滞在には費用が割高になる可能性が高いでしょう。

ホテルであれば1日単位で滞在が可能ですが、ホテルと実家を比べると、便利で費用を抑えられる実家が楽な傾向にあります。

ただし、実家が遠方にある、近所や両親に気を遣う、実家が狭い、両親と不仲など、静かで落ち着いた空間で過ごしたい人には不向きです。

業者を使うべき?自力で探すべき?

業者を使うべき?自力で探すべき?

仮住まいを探す方法には、ハウスメーカーなどの業者に紹介してもらう方法と、自力で探す方法の2種類あります。
業者に紹介してもらうメリットは、物件を探す手間を省けることと、仲介手数料が安くなるケースが多いことにあります。

自分で仮住まいを探す場合は、仲介業者に自分で足を運んだり、資料を取り寄せたりする必要があるため、ある程度の時間がかかります。
しかし、業者の紹介なら自分で探すことなく提携している不動産業者などから物件の情報を提供してもらえます。また、リフォームなどの施工とセットになることで、仲介手数料が割引になるケースが一般的です。

物件を探す時間がない方や、仲介手数料の割引を交渉したい方は業者の紹介を利用すると良いでしょう。

自力で物件を探す場合は、選べる物件の自由度が高く、業者が提携していない掘り出し物の物件が見つかる可能性があるというメリットがあります。
ただし、前述のように短期の入居を断られてしまうこともあるため、物件を探すために時間がかかる危険性も生じます。場合によっては賃貸住宅でなく、マンスリーマンションなどの利用も検討すると良いでしょう。

マンスリーマンションを探すなら

マンスリーマンションを探すなら

仮住まいには賃貸住宅やUR賃貸(UR都市機構)、マンスリーマンションやホテルなどさまざまな方法がありますが、3~6ヶ月程度になりそうなら費用を安く抑えられて生活家電なども備え付けられているマンスリーマンションがおすすめです。

仮住まいとしてマンスリーマンションを探す際に利用したい専門サイトの1つが、「ユニオンマンスリー」です。
ユニオンマンスリーは、1都3県に約3,000室の物件を有している都内最大級の専門サイトで「敷金・礼金、仲介手数料、保証人不要」
さらに全室、家具家電付き(洗濯機、冷蔵庫、エアコン、レンジ、掃除機、電気ケトル、ベッド・寝具、クローゼットなど)と至れりつくせり。
リッチな滞在にしたい方には空気清浄機等100種類以上の家電や、オシャレで機能的な家具のレンタルオプションが用意されており、
仮住まいの一人暮らしが快適になるようサポートします。
さらに長期滞在を検討している場合には入居期間が長いほど1泊あたりの賃料が抑えられるのでお得です。

物件の選択肢が多い(都内最大級の物件数:3,000室/1,000箇所程度)ため単身世帯でもファミリーでも滞在しやすく、
申込時の料金体系も賃料+清掃費とシンプルで余計な費用はかかりません。
実際のお部屋の内見はできませんが、360°パノラマカメラにより室内を確認できる部屋も多数あり、現地で部屋を確認する手間を省けます。

問合せから契約まで来店せずに、webや電話のみで完結することが可能な点もおすすめのポイント。
マンスリーマンションを仮住まいに選んで、快適に生活してみてはいかがでしょうか。

▶ユニオンマンスリーでマンスリーマンションを探すなら

清掃費28,600円が最大無料
即日入居SALE実施中!